脳スタイルテスト

脳医科学に基づいた「脳の使い方のクセ・特性」を可視化

脳の特性を知るために「脳スタイルテスト 」を行います。
これは脳覚醒下手術の実績豊富な医師と有限会社SPOONの本田ゆみが考案した脳医科学に基づくものです。脳の使い方のクセを数値化できる画期的なテストで、この数値を元に脳の活力度を上げていく様々な手段を講じることが可能になります。

Point1.

脳の質を数値化

世界で初めて動物脳・人間脳をスケーリングしその結果、左脳・右脳の使い方だけではなくもっと重要な脳の質 ストレス耐性)を数値化することに成功しました。

Point2.

活用範囲が多岐に及ぶ

人事・人材育成・コミュニケーション・イノベーションなどの会社発展。及びストレスケア、うつ病、大人の軽度発達障害など、医療機関と連携した対応・対策など多様に活用できます。

Point3.

コミュニケーションに役立つ

日本社会ではトラブルの8 割が人間関係といわれています。テストを実施することで会社全体や部門間、上司と部下、あるいは家族とのコミュニケーションを円滑に図り、かつ相互理解が深まります。

「脳スタイル × 瞑想」で個人に最適な瞑想を提案

脳医科学に基づく脳の個性・ 特性を数値化した 脳スタイルテスト により 、
各人の脳スタイル ® を判定し 、 それに応じた適切な瞑想トレーニングを行うことで 、
脳の機能を活性化し 、 個人能力向上やストレス耐性を引き上げる画期的な能力開発手法です 。

脳スタイルテスト×マインドフルネス(瞑想)=ブレインストレッチ

ブレインストレッチの効果
・実践的なエクササイズでストレス耐性を改善します
・集中力をつけ、生産性を向上させます
・モチベーションとイニシアチブを高めます
・健康上の問題を解決し、長短の欠勤を軽減します

TOP